一定期間更新がないため広告を表示しています

秘密
秘密
東野 圭吾

「秘密」と言うタイトルの通りのお話。と言うのが素直な感想。

特に意識したわけではないけれど「これが秘密か」と読んでいる最中は思っていたと思う。
全体が「秘密」で構成されている。
が、最後の最後で「これが真の秘密か!」と言う東野氏ならではの返しがあった。

なんかあるだろうなとは思っていたけど、なるほど。

東野節が効いていると思った作品。

そんでもってこの作品、映像化されていたのね。私見ていたわ。
東野氏作品を映像化したやつって気づかない内に何作品か見ていた。ご縁がありますね。
コメント
きょうはろうもお話した?
コメントする
トラックバック
 「秘密」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」16作目です。“ 妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が
  • 男を磨く旅
  • 2007/06/04 11:42 PM
この記事のトラックバックURL