一定期間更新がないため広告を表示しています

 企画展 & ライブ・ドローイング・イベント
山田章博 ―世界を生み出す魔法の筆―
@京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp/event/exh/yamada_akihiro_2011.php

尊敬してやまない山田章博画伯の原画展が京都国際マンガミュージアムにて開催されるとの事で5月5日(木)に京都に行ってきました。

スケジュールは以下の通り。交通手段は往復とも夜行バス。
----------------------------
4日深夜東京新宿発

5日早朝京都着

京都国際マンガミュージアム

5日夜京都発

6日早朝東京新宿着

一旦帰宅後、仕事
----------------------------

原画展自体は4月29日〜6月5日まで開催されているのですが、ライブ・ドローイングは5日の特別企画。
かれこれ20年近く前、山田章博さんの作品を目にして衝撃を受けてからずっとファンなわけですが
生で!目の前で!リアルタイムに!作画をしている所を観られるチャンスなんて無い!と京都にまで足をのばしました。

十二国記関連で知り合ったうーさんも同じ日に行くという事で合流決定!楽しみがひとつ増える。

さて、ライブ・ドローイングを観られるのは先着250名。
5日6:30頃に京都に着いて開館時間の10時ごろに行けばいいかなとネットカフェでのんびりしていたら、
山田先生ファン仲間の方から「朝5時から並んでる人もいるみたい」という情報をいただき慌ててミュージアムへ。
すでにズラーッと行列が出来ていたので朝食とらずに並ぶことに。この時だいたい9時頃。うーさんとも合流。
私が並んだすぐ後もどんどん人が増えていって列は伸びるいっぽう。

正直開館一番に入れば大丈夫とタカをくくっていました。
「山田先生すみません!甘く見てました!!!」と心の中で土下座。

サイン会も行われる事が決定していて、そちらは売店で関連商品を購入した人先着100名。

無事ライブ・ドローイングのチケット確保。9時に並んで146番と147番。
そのままサイン会のチケット目当てに売店の行列へ。先着100名だから可能性は低い。が、ダメもとでとにかく並ぶ。

はい、やっぱりダメでした。120名に枠を増やしたとの事でしたが私たちの5〜6人前で終了。
ああああああ惜しかった…。

でもライブ・ドローイングは観られるのだからよし!これもダメだったらその場で崩れ落ちていたね。
ともあれ一旦ミュージアムを離脱して朝食へ。(ミュージアムは当日に限り出入り自由)

近所のうどん屋で一息。
お互い久しぶりに会ったのに再会の挨拶そこそこに行列に度肝を抜かれていた感想ばっかり言っていた事に気づき、
改めてうーさんと再会の喜びの挨拶をした。

うーさん久しぶり!!ヒャッホウ!

うーさん「今日、5月5日ですよ」
RYO「ね、5月5日ですね」
※二人はヒカルの碁ファンつながりでもあるので5月5日という日が特別な日でもあるのだ。

うーさん「5月5日ですから」スッとスケッチブック
RYO「!?」
うーさん「描いてください(フフフ)」
RYO「…私も持ってきてるんで描いてくださいね(フフフ)」スッ
うーさん「!?しまった墓穴!?」
同じ事考えていたってわけでしばしお絵かきタイム(うどん屋で)

ネットではやりとりしているけど、直接会ってアナログの絵を交換なんてめったにできないので楽しかったです。
うーさんありがとう〜!

そろそろ人の波も落ち着いた頃かなと再びミュージアムへ。
入り口の売店で展示図録とポスターを購入。高まる期待。
うーさんはミュージアムに来たことがあるので館内を説明してくれつつ原画展のコーナーへ。

<原画展>
それはもう見ごたえ大ありのすばらしく美しい作品達でした。
みんなじっくり見るもんだから人が流れない流れないw
私もじっくり見てたから前の人が進まなくてもぜんぜん気になりません。
一枚一枚隅から隅まで拝見いたしました。美しい…。
カラー、モノクロ、ため息ものでしたね。
三国志のイラストの製作過程がスライドショーで流れていたのも見ごたえアリ。
しかしどれだけ文字で言葉につくしてもダメですね、こればっかりは。
もーね、紙面から出てくる波動?オーラ?ぶわってこう…説明できないや。
「上手い」とか「美しい」とかの言葉で表現しきれないというか足りないというか。
と、言うわけでこの感動は自分の胸の中だけにしまっておく。

ミュージアムの中の漫画は大体どれも自由に読んでいいので連れ立ってても何だし、ライブの時間まで好き勝手に漫画読みましょうとうーさんと別行動。
私は2冊くらい読んだんだけど、庭の芝生にゴロンとしてたら寝てしまった。気持よかったんだよぅ。夜行バスで熟睡できなかったんだよぅ。


続きを読む >>
山田章博の世界 ファンタジー アートワークス
山田章博の世界 ファンタジー アートワークス

12月25日頃に「山田章博の世界 ファンタジー アートワークス」が出版される予定。
この画集「山田章博の世界」シリーズ(と言っていいのか?)は大変ファンのツボを心得ていると思います。
画伯のすばらしいカラーイラストをなるべく原画に近づけた発色で本を作成しようという、出版社サイドの心意気もまたすばらしい。
本屋に寄って雑誌コーナーをうろうろしていたら視界の端に見た事のある絵が。
山田章博画伯の「カフェ・ド・マキニカリス」の表紙イラスト。
クロスワード推理シアターと言う雑誌の表紙を飾っておられました。いや、びっくり。
山田章博「SHINOBI」コンセプトデザイン画集
山田章博「SHINOBI」コンセプトデザイン画集
山田 章博 ¥2,500-

映画「SHINOBI」のコンセプトデザイン画集が発売されました。
20050916_27091.JPG
映画SHINOBIのポストカード&チケットを無事手に入れた!
ローソン予約です。
なんかもうこれで満足(笑)